JUWELRY AGLIA YOKOHAMA

Gallery 事例紹介

HOME » 事例紹介 » オリジナルオーダーリフォーム・ルビーペンダントをリングに【NO230306】
オーダーメイド

オリジナルオーダーリフォーム・ルビーペンダントをリングに【NO230306】

Before

After

ホームページをご覧になりご来店いただきましたお客様です。

お母様から受け継がれたペアシェイプカットのルビーがついたネックレスと
ご自分のダイヤモンドのネックレスを2本お持ちいただきました。

以前にも他店でジュエリーリフォームのご経験がおありのご様子で
当日インターネットで色々とデザインを探してご一緒にお持ちくださいました。

お持ち込み頂いたデザインはYチェーンタイプのデザインでロングタイプのネックレスでしたが・・・

インターネットで色々と探していただきましたデザインでお造りすることは出来るのですが構造上、
どうしてもルビーが正面を向かないこともあり実際にお造りしてもご使用いただけないと直感致しました。

さらに、小柄なお客様でしたのでロングネックレスの場合、コーディネートが難しい事も含め
お預かりしてデザインを一から考えさせていただくことにいたしました。

いくつかご要望がありました。

  1. カジュアルに使えるデザイン
  2. 出来ればネックレスがご希望
  3. 地金はプラチナで

ここから、石を見ながらお客様の雰囲気をイメージしてデザインのアイデアを出していきました。
正直、今回のデザインのご提案は非常に難しかったです・・・

何故ならダイヤモンドのサイズが0.38ctと0.52ctの2粒+ルビー1粒でネックレスを考えると
小柄なお客様には華やか過ぎてご要望とイメージに合わなかったからです。

②のご希望には沿えませんが思い切って指輪でのご提案をさせていただきました。

デザイン画が出来た段階でご来店いただきデザインについての打ち合わせの際にお客様には石のサイズが大きい事、
ネックレスより指環の方がバランスがいい事をお伝えしました。

最初は、驚きになられておりましたが描いたデザイン画をコピーして指に当ててみると指輪も悪くないかも・・・
とおっしゃって頂きました。そこで、指輪のデザインを何パターンか描いて後日ご覧いただく事になりました。

先ほども書きましたが、ダイヤモンドの大きさもありましたので中指用のデザインで進めていき、
プラチナの流線型デザインの中にダイヤモンドとルビーをあしらったデザインを考えました。
プラチナの良い点はシンプルな輝きで凛としたイメージで高級感があります。但し、
直線的なデザインにすると少し硬く男性的なイメージになりがちでお客様の雰囲気とは
ミスマッチでしたので流線型の腕が非常にマッチしておりました。

そして、完成したデザインをお客様にご覧いただくのにご来店していただきご注文いただきました。
そして嬉しいことに新たにジュエリーリフォームのご依頼を承りました。それは、また後日・・・

リフォーム代金¥308,000税込み
地金買取分▲¥115,864
差額¥192,136税込み

事例一覧ページに戻る

カテゴリ

新着事例