横浜で33年のジュエリーリフォーム実績 | ジュエリー アグリア
横浜で33年のジュエリーリフォーム実績 | ジュエリー アグリア
HOME » 事例紹介 » 豪華なブラックオパールリングを、普段使いのペンダントに。地金の買取で費用を抑えました。【2113】
HOME » 事例紹介
事例紹介

Gallery

事例紹介

豪華なブラックオパールリングを、普段使いのペンダントに。地金の買取で費用を抑えました。【2113】

Before

豪華なブラックオパールリングを、普段使いのペンダントに。地金の買取で費用を抑えました。【2113】

After

豪華なブラックオパールリングを、普段使いのペンダントに。地金の買取で費用を抑えました。【2113】

本日のお客様は、お義母様からもらったブラックオパールリングのリフォームをご注文頂きました。

「もらったのは良いけど、このデザインじゃあ付けないし。。
どこに持っていけばいいのかしら? 良い石なのかもわからない。。」

そうお考えだったそうです。

ある日、毎日通勤で通っている途中でジュエリーアグリアを見つけていただき、ちょっとどんなものか聞いてみようということでお立ち寄りくださいました。
お石はその時お持ちではなかったのですが色々とお話しをさせていただき、価値あるもの・売ってしまった方がいいモノを査定できるというポイントから、当店にお持ちいただくことをお決めになられたとのことでした。


2度目のご来店時、宝石を使ったジュエリーだけでなく、いろいろな地金をお持ち込みいただきました。本物偽物を分けて流行遅れのモノなどは買取らせていただき、リフォーム代金と相殺することに。当店は現金化してもリフォーム相殺代金にしても、地金買取代金はかわりません。

地金の査定が終わりましたら、次にブラックオパールリングのリフォームのご相談に移ります。

新たな組み合わせを考えるために、まずはお石を外します。ブラックオパールの周りについているダイヤと、1.00ctのファッションリング全てです。

そして小さいメレーダイヤを1ピースずつサイズを測っていきます。


このメレーダイヤを使ってほしいとお客様のリクエストをいただき、メレーダイヤを使ったデザインをご相談させていただきました。

当店のデザイン集や世界最新ジュエリーの作品などをご欄いただきながらお好みをお聞きし、その中から特にお気に入りくださった当店のデザインを元にデザインをするようにしました。

 

デザインが決まったあとは、使うお石選びです。

お誕生月が11月という事でしたので、誕生石でもありブラックオパールにも似合う、ブルートパーズをあしらいました。

さらにブラックオパールに似合う引き立て役(コントラストが合うモノ)を考えます。通常は、シンプルにダイヤモンドを組み合わせ、地金もプラチナを使うことが多いです。しかし、それだと見た目が豪華になりすぎてしまいカジュアルな場面では使いづらくなってしまいます。

そこで地金はゴールドを使用。ダイヤの代わりに黄色の色石を使うことで色合いも映えて、いやらしさを感じない鮮やかな見た目にしました。

引き立て役となるお石が決まりましたら、実寸大の絵に石をおきます。
こうしてこだわりの世界にたったひとつだけのジュエリーが出来上がっていきます。

 

全ての組み合わせが決まったら、職人さんが形にしていきます。再度お石の表面を研磨し、輝きを取り戻すことも出来ました。

ちなみに、オパールは比較的柔らかいお石で、実は業者が扱いたがらないお石でもあります。ただ、私どもは30年以上この仕事をしており何度も取り扱ってきたベテランですのでご安心ください。

 

一緒に「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤したペンダントがついに出来上がり、お客様にお見せした瞬間、目がすごくキラキラと輝いていたのは印象的でした。

最後に、ペンダントを装着していただいたところで完了です。

お義母さまの形見を、お嫁様の形を変えて受け継ぎたいという心がひとつになりましたね。

 

当店は独自買取システムがございます。宝石の活かし方はお任せくださいませ。

ジュエリー買取

アクセスは駅近で便利な場所

店舗情報

 

Page Top