ジュエリーリフォーム , ジュエリー買取・販売

形見分けでもらった宝石は売るべき?処分方法と相続税について解説

1,151 views

形見分け 宝石
The following two tabs change content below.

新井 千秋

横須賀生まれ。23歳より大手宝飾店で勤務し、店長を務めた後、独立。 1年の個人事業の後、株式会社SweetJewelryとして法人化、30年以上に渡り様々な宝石を査定・取り扱い。10万人以上の接客・ジュエリー提案の経験を活かし、現在も現場に立ち顧客の”想い”に寄り添ったデザインを追求している。

「形見分けで宝石を譲り受けたけど、どのように扱ったらいいのかわからず困っている。買い取ってもらおうかな。」

親族や親しかった人が亡くなった際に譲り受けた宝石は、買い取ってもらうしか選択肢がないと考えている方もいるのではないでしょうか。

遺品として受け取った宝石の処分方法には、大きく分けて「売る(買取)」「そのまま保管する」「ジュエリーリフォームする」の3つの選択肢があります。どれを選ぶかは相続者の都合によりますが、それぞれ実行する際の注意点があります。また、宝石は相続税の課税対象になるので、相続税の払い忘れにも注意しなくてはなりません。

この記事では、形見分けで宝石を譲り受けた人を対象に、宝石の処分方法や注意点、相続税の計算方法などについて解説しています。その他に、遺品としてもらった宝石をジュエリーリフォームした事例も紹介しているので、宝石の活用方法について悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

形見分けでもらった宝石を処分する方法

「故人から形見分けとして宝石を譲り受けたものの、どのように扱ったらいいのかわからない。どこかに保管したらいいのか、それとも売った方がいいのか。はたまた、自分で身につけられるようにリメイクしたらいいのか…」

親族や親しかった人が亡くなった際に、このような疑問を持ったことがある人はいらっしゃるのではないでしょうか。

数ある遺品の中でも、宝石は処分方法に困るアイテムのひとつと言われています。なお、ここで言う「処分」とは、不要なものを捨てたり手放したりすることではなく、「扱いを決めること」を意味します。

形見分けとして受け取った宝石の処分方法には、大きく分けて以下の2つがあります。

  • ・買取業者に売る
  • ・そのまま保管する or ジュエリーリフォームをする

どのような内容なのか、順番に見ていきましょう。

形見分けでもらった宝石の処分方法1.買取業者に売る

ひとつ目に紹介するのは、「買取業者に売る」方法です。

遺品として受け取った宝石の売り先には、主に次の3つが挙げられます。

  • ・遺品整理業者
  • ・リサイクルショップ
  • ・宝石店

上記の中でも、専門知識を持ったスタッフがいる宝石店に買取を依頼するのがもっとも安全と言えるでしょう。

形見分けの宝石は遺品整理業者やリサイクルショップなどにも売却できますが、そういった業者の場合は宝石や貴金属に関する知識を持ったスタッフがおらず、適正な価格で買い取ってもらえない可能性があります。

経験豊かなスタッフが無料査定!宝石の買取は「アグリア(AGLIA)」

横浜で35年以上営業を続けているアグリア(AGLIA)」は、経験豊かなスタッフが無料で宝石の査定を行っています。

査定後は、現金化はもちろん、買取額で店内にある他の商品を購入したり、買取額をジュエリーリフォームの料金に充当するなど、お客様に合ったサービスをお選びいただけます。

形見分け 宝石

また、宝石はもちろんのこと、絵画、美術品、高級食器などの買取も行っています。

アグリアのジュエリー買取について詳しく知りたい方は、ジュエリー買取詳細ページをご覧ください。

形見分けでもらった宝石の処分方法2.保管・ジュエリーリフォーム

ジュエリーリフォーム種類

人によっては、「形見分けでもらった宝石を売るのには抵抗がある」という方もいらっしゃるでしょう。そのような方には、「保管」もしくは「ジュエリーリフォーム」がおすすめです。

1.そのまま保管する

形を変えず宝石をそのまま手元に置いておきたいという場合は、「そのまま保管する」という選択肢があります。

宝石と聞くと、頑丈で劣化しないというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、宝石でも種類によってはパールのように傷つきやすかったり、エメラルドやトパーズのように割れやすかったりするものもあるので、保管方法や場所には十分な注意が必要です。

保管する際には、直射日光や高温多湿が避けられる場所を選びましょう。なお、アクセサリーが酸化して黒ずむのを防ぐためにも、宝石が空気に触れないように保管することも大切です。

保管用の袋は、ジッパー付きのビニール袋や100円ショップで売っている巾着袋などで問題ありません。ただし、ひとつの袋の中に複数の宝石を入れると、宝石同士がぶつかって傷つく可能性があるため、宝石は1点ずつ保管しましょう。

2.ジュエリーリフォームする

「せっかく大切な人からもらった宝石だから、リメイクして身につけたい」という人には、ジュエリーリフォームがおすすめです。

ジュエリーリフォームとは、デザインの古くなった結婚指輪や遺品として譲り受けた宝石などを、新しいデザインや異なる種類のジュエリーに作り替えるサービスです。

ジュエリーリフォームには、主に次のようなメリットがあります。

メリット①新品のようなジュエリーが手頃な価格で作れる

お手持ちのダイヤモンドやパールなどを利用するので、新品のジュエリーを購入するより手頃な価格で、新品のような輝きを放つジュエリーを作ることができます。長年身につけずに保管していた結婚指輪や、形見分けでもらった宝石などを今時のデザインにリメイクするのに最適な方法です。

なお、リフォームの際に余った空枠や使わないジュエリーなどは、宝石店が下取りしてくれるのが一般的です。そして、これらの下取り価格はリフォーム費用から差し引かれます。

メリット②唯一無二のオリジナリティ

自分が理想とするデザインにできるため、世界にひとつしかないオリジナルジュエリーを作ることができます。他の誰の物とも異なる、一点物のジュエリーが欲しいという方におすすめのサービスです。

メリット③思い出を一生モノに

大切な人からもらったジュエリーや宝石には、たくさんの思い出が詰まっていることが多いものです。譲り受けたジュエリーの一部を残すことで、思い出も一緒に受け継いでいける点もジュエリーリフォームのメリットです。

こちらもチェック:ジュエリーリフォームの相場・価格は¥12,000〜【リフォーム事例・写真付】

※アグリアでは、ジュエリーリフォームの無料相談を行っています。

 

アグリアに問い合わせてみる

注意!形見でもらった宝石にも相続税がかかる

形見分け 相続税

現金や預貯金、有価証券や土地などが相続税の課税対象になるのをご存知の方は多いでしょう。では、宝石を形見分けで譲り受けた場合、相続税は支払う必要があるのでしょうか?

実は、宝石やジュエリーなどの貴金属は相続資産に該当し、相続税の課税対象となります。

国税庁は、相続税の適用範囲について以下のように説明しています。

相続税は、原則として、死亡した人の財産を相続や遺贈(死因贈与を含みます。)によって取得した場合に、その取得した財産にかかります。

この場合の財産とは、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるすべてのものをいいます。

引用:No.4105 相続税がかかる財産|国税庁

上記の通り、宝石は相続税の課税対象に含まれています。

相続税の計算方法

相続税の計算方法は、以下の通りです。

(1)基礎控除額を計算する
(2)相続財産の総額から基礎控除を差し引き、課税される遺産の総額を計算する

基礎控除額は、以下の計算式によって算出することができます。

相続税の基礎控除 = 3,000万円 +(600 × 法定相続人の数)

相続財産の総額から上記で算出した基礎控除を差し引き、以下の表をもとに具体的な税額を計算します。

形見分け 相続税の速算表

出典元:No.4155 相続税の税率|国税庁

例えば、相続した遺産の総額が1億円で、法定相続人が3人だった場合、相続税の金額は以下の計算の通り860万円となります。

相続税の基礎控除 = 3,000万円 +(600 × 3)= 4,800万円
基礎控除後の所得金額 = 1億円 − 4,800万円 = 5,200万円
相続税 = 5,200万円 × 30% − 700万円 = 860万円

形見分けの宝石をジュエリーリフォームした事例

「形見分けでもらった宝石をリメイクして身につけたい」という方は、ぜひアグリアのジュエリーリフォームをご利用ください。

当店ではリング、ペンダント、ブレスレット・ピアスなど、ジュエリーの種類や石の種類を問わずリフォームを行うことができます。

ジュエリーリフォームの相場・価格参考価格の詳細はこちらから確認できます

また、以下のようなご要望に合わせたリフォームも承っています。

  • ・リペア(修理)したい
  • ・形見等で受け継いだものを使いたい
  • ・汚れてしまったので綺麗にしたい
  • ・古くなったデザインを新調したい
  • ・オリジナルオーダーメイドをしたい
  • ・遺品整理・断捨離したい

続いて、過去にアグリアが行ったジュエリーリフォームの実例をご紹介します。

※当店では、お客様にご来店いただき、カタログを見てご希望のデザインを選んでいただく「セミオーダー」と、お客様のご要望をもとにオリジナルデザインのジュエリーを製作する「フルオーダー」の2種類のリフォーム方法をご用意しています。

【事例①】形見のダイヤモンドを人気の揺れるダイヤモンドペンダントにリフォーム

形見のダイヤモンドを人気の揺れるダイヤモンドペンダントにリフォーム

⚫️リフォームについて

形見分けで譲り受けたダイヤモンドプチネックレスのデザインを、リフォームして一新したいとのご要望でした。

ダイヤモンドの色が少しオフホワイトで内包物もあったので、カモフラージュをするためにゴールド素材かピンクゴールド素材でのリフォームをおすすめしました。

⚫️価格

リフォーム代金:¥220,000(税込)

※地金下取り相殺で持ち出し金はゼロ円でした。下取り価格はダイヤモンドの大きさで変わります。

【事例②】お母様の形見のタンザナイトをリングにリフォーム

お母様の形見のタンザナイトをリングにリフォーム

⚫️リフォームについて

お母様の形見のタンザナイトをリフォームしたいとのご要望でした。お客様の体型やファッションの好みなどをお聞きした上で、タンザナイトの青とルビーの赤の華やかなコントラストが目を引くリングを製作させていただきました。

小柄なお客様に合わせて可愛らしく、それでいてジュエリー上級者が付けても自然に見えるデザインをご提案しました。 

⚫️価格

リフォーム代金:¥385,000(税込)

【事例③】形見のダイヤファッションリングをエタニティリングにリフォーム

形見のダイヤファッションリングをエタニティリングにリフォーム

⚫️リフォームについて

形見でもらったダイヤファッションリングをリフォームしたいとのご希望でした。ダイヤモンドのメレーはサイズが揃っており、ファッションリングの割にとてもグレードの良いダイヤモンドメレーが入っていました。

お客様ご年齢、お持ちのジュエリー、ライフスタイルなどお聞きし、エタニティリングのデザインでのリフォームをご提案しました。

⚫️価格

リフォーム代金:¥173,800(税込)

※地金下取り相殺で持ち出し金はゼロ円でした。

 

リフォーム事例集を見てみる

創業35年超えの実績…アグリア(AGLIA)が選ばれる理由

ジュエリー買い取りなら横浜のジュエリーアグリア

横浜で35年以上営業を続けているアグリアは、リーズナブルな価格でジュエリーリフォームの提供を行っています。

アグリアのリフォーム価格が安いのには、以下の3つの理由があります。

  1. 独立店舗である
  2. さまざまな調達ルートがある
  3. 予算に合ったリフォームができる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【アグリアが選ばれる理由①】独立店舗である

百貨店などに店舗を構えている宝石店の場合、商業施設に対してテナント料を支払う必要があるため、その分を手数料としてリフォーム価格に上乗せするのが一般的です。

それに対して、当店は百貨店やモールなどに属していない「独立店舗」のため、手数料等を価格に上乗せする必要がなく、低価格でサービスを提供することができます。

独立店舗である当店では、有名百貨店と比較して30%〜40%ほど安い価格でリフォームを提供することができます。

【アグリアが選ばれる理由②】さまざまな調達ルールがある

横浜で35年以上営業している当店には、長年の経験から培ったさまざまな調達ルートがあります。

ダイヤモンド、カラーストーン、シンプルな造り、デザイン性豊かな造りなど、例を挙げたらキリがないほど調達ルートがあるのがアグリアの強みです。当店ではそうした豊富なルートの中から、ご注文いただいたデザインやご予算に合わせた調達先を選定することが可能です。

【アグリアが選ばれる理由③】予算に合ったリフォームができる

当店では、ジュエリーリフォームを行う前に無料相談を実施し、お客様のご予算に合わせたプランを提案させていただいています。

お客様の中には、「なるべく予算を抑えてリフォームをしたい」という方もいらっしゃれば、「多少費用はかかってもいいから、クオリティーの高いジュエリーを作りたい」という方もいらっしゃいます。そうしたお客様のさまざまな声に応えるために、当店では幅広い価格のサービスをご用意しています。

例えば、ペンダントトップの場合、数万円のリーズナブルなものから数十万円のものまで幅広いリフォームプランをご用意しています。

安さだけじゃない!アグリア(AGLIA)の本当の強み

ジュエリーリフォーム アグリア

アグリアの強みは、「ジュエリーリフォームが安い」だけではありません。

当店の本当の強みは、そのお客様に合ったジュエリーリフォームをご提案ができる点です。ジュエリーを知り尽くしたオーナー・スタッフが、お客様のライフスタイルやお好きなファッション、お使いの時計、年齢、体系、指の太さ…など、すべての要素を考慮した上でお客様に一番合ったデザインをご提案します。

また、当店は宝飾店の中でも数少ない米国宝石学協会 GIA G.G.(※)取得スタッフ常駐店でもあります。経験豊かなスタッフが、お客様の大切なジュエリーを1点1点しっかりと拝見し、相談しながらより良いリフォーム方法をご提案いたします。

(※)1931年に設立されたダイヤモンド、カラーストーン、真珠に関する世界的権威的機関

まとめ

ここまで、形見分けでもらった宝石の処分方法、相続税の計算方法、ジュエリーリフォームの事例などについて紹介してきました。

遺品として譲り受けた宝石の処分方法には、大きく分けて3つの選択肢があります。

  • ・売る
  • ・そのまま保管する
  • ・ジュエリーリフォームする

上記のうち、「売る」と「ジュエリーリフォームする」に関しては、実績があり信用できる宝石店に依頼することで、低い価格を付けられたり、希望していたのとは違うデザインでリフォームされるといったリスクを減らすことができます。

横浜で35年以上営業を続けている当店では、経験豊かなスタッフが直接ジュエリーを拝見させていただき、お客様のご予算・ご要望などをお伺いし、大切にされているジュエリーの活用で最も良い方法をご提案させていただいています。

「まずは相談だけしたい」、「とりあえずカタログだけ見たい」という方も、お気軽にアグリアにお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい

アグリアに相談してみる

ジュエリーリフォーム | ジュエリー買取・販売の最新記事

© 2018 Jewelry Aglia