横浜で33年のジュエリーリフォーム実績 | ジュエリー アグリア
横浜で33年のジュエリーリフォーム実績 | ジュエリー アグリア
HOME » 事例紹介 » お父様の形見タイタックをひとつの指環にリフォーム「2122」
HOME » 事例紹介
事例紹介

Gallery

事例紹介

お父様の形見タイタックをひとつの指環にリフォーム「2122」

Before

お父様の形見タイタックをひとつの指環にリフォーム「2122」

After

お父様の形見タイタックをひとつの指環にリフォーム「2122」

お父様の形見タイタックをひとつの指環にリフォーム「2122」

No. 2122

お父様の忘れ形見をたくさんお持ち込み頂きました。

1つ目です。
タイタックやペンダントについている石を外してひとつの指環にしてほしいとリクエスト。
検品しますとひとつは偽物でした。

う~んどんなのが良いかぁ~。
普段使いしやすいタイプがリクエスト

当店のデザイン集や世界の最新ジュエリー集など見て頂きながら色々お話しを伺いました。

このサイズのダイヤを埋め込むとかなり地金のグラムを使ってしまってお値段が高くなるのでダイヤ、エメラルドは埋め込みタイプにはせず
浮き立たせるようにしました。その方がダイヤもエメラルドも綺麗です。
タイタックについていた小さい細かいダイヤメレーもあます事なくリングの線の部分に埋め込みました。さらに高級感がでます。
そしてリングの部分はオールピンクゴールドではなく真ん中のリング部分はホワイトゴールドでデザインしました。
そうする事で派手さがなくなり 反対側につける指輪がゴールドでもプラチナでもマッチするようになります。コンビネーションは使いやすいですよね。

複数のお手持ちのジュエリーの石を外してひとつの作品にするのってとっても難しいんですよ。ある意味 プロ泣かせ。
どこがそうなの?と聞かれたら バランスとるのがとても難しいのです。
できる事と出来ない事がありますが、このデザインはカッコよくできました。
ビフォーが嘘みたいに、高級感たっぴりのジュエリーになりましたね


Page Top